今のマンション管理会社を変更したいならコチラ

賃貸経営を行うにあたって

積み木の模型

重視したいポイント

賃貸経営において、賃貸管理会社選びは非常に重要です。それでは、どのようにして賃貸管理会社を選べばいいのでしょうか。管理会社を選ぶときは手数料が気になるとことではありますが、この他にも確認しておきたいポイントがあります。賃貸経営で、一番に優先することは空室の対策です。空室があると、その部屋の家賃は手元へとは入ってきません。ですので、管理会社を選ぶときは、入居者を募集する力のある賃貸管理会社を選びたいものです。これは、賃貸管理会社がホームページに、管理をしている物件と空室の割り合いを表したものを記載していることがあります。入居率の計算期間や、年間を通しての空室率なのかなどをよく吟味しながら参考にするといいでしょう。次に、賃貸管理会社を選ぶときに忘れてはいけないことは、家賃の集金代行業務です。家賃の滞納がある場合も家賃が入金されなくなるので、家賃滞納への対応能力もみておきたいところです。これは、会社側に質問をすると滞納率を教えてくれます。また、管理会社との契約は、家賃の滞納に対する保証が契約に含まれていることも多いです。保証の期間や金額など各会社で違いがありますし、別途に契約が必要なケースもあるので確認しておきましょう。この他、賃貸管理の実績があるかというところです。物件には、規模や地域、築年数などそれぞれに個性があります。ですので、自分の所有している物件と同程度の物件管理を経験している賃貸管理会社を選ぶことも大切です。このようなことを確認しながら、総合的に判断して賃貸管理会社を選びましょう。