今のマンション管理会社を変更したいならコチラ

賃貸を経営する

男女

空室・滞納もこわくない

不動産投資をする時に、アパートやマンションなど家賃収入を得ることは魅力的です。部屋を貸しているだけで自動的にお金が入ってくるので、賃貸経営は楽なように思いますね。しかし賃貸経営には、様々なリスクもあります。その中でも、家賃を滞納する入居者がいたり、空室期間が長く続くことは、一番の不安要素です。賃貸経営でお金が入ってこないことは、大変困ることですね。毎月の借入金を支払うことが、できなくなります。滞納に対する予防策としては、入居時の審査を入念にしたり、保証人を必ずつけることです。ところが最近は、核家族が増え、高齢者や単身者も多く、なかなか条件に合う入居者が見つからない場合があります。そうすると、空室が多くなることにもなります。そんな不安を解消するのが、「家賃保証会社」です。家賃保証会社と契約をしていれば、入居時の審査をしてくれます。入居者が家賃を滞納した時は、滞納した入居者に代わって家賃を払ってもくれるのです。また滞納者への家賃催促の交渉も、やりづらいものです。その点も、保証会社は入居者との交渉もしてくれるので、オーナーさんが直接対応する必要もありません。このように家賃保証会社を利用すると、滞納や空室のリスクを軽減できるのです。業務の代行もしてくれるので、最近は保証会社を利用するオーナーさんも増えています。保証会社も様々ありますので、誠実に仕事をこなしてくれる家賃保証会社を慎重に選ぶ必要があります。