今のマンション管理会社を変更したいならコチラ

マンション生活改善のため

集合住宅

管理会社を変える手順

マンション管理会社を定期的に見直すことは大切です。今の管理会社に不満がある場合には、すぐにでも変更に向けて行動することが求められます。マンション管理会社変更の第一歩として、今の会社の不満点を明確化しましょう。会議やアンケートなどで住民の意見をくみ取り、重要な改善ポイントをまとめると良いです。また、改善点に序列を設けることをお勧めします。すべての不満を解消する理想的なマンション管理会社が見つかるとは限りませんので、どの不満を取り除くことが優先度が高いのかを決めておくと後々ラクになります。続いてマンション管理会社の選定になります。できる限り多くの会社に見積もり依頼を出しましょう。それぞれの会社が現地調査にやってきますので、その時にでも今抱えている不満を率直にぶつけましょう。会社側としても、ポイントが把握できることは意義のあることですから、邪険にされることはありません。調査から数週間後、見積もり金額および提案内容が提示され、またプレゼンが催されます。すべての資料とプレゼンを加味し、どの会社が最も優秀な提案を出しているかを決定します。一度で決められなければ、再度プレゼンを求めると良いでしょう。どの会社に変更するか決まったら、内定の管理会社が重要事項説明会を催します。その後の臨時総会で、参加者の過半数の賛成が得られれば、管理会社変更が法的に認められます。なお、総会議決書の作成は新旧どちらの管理会社を頼っても構いません。ここまで来ればあと少しです。新会社との契約の前に、現行の会社に契約解消を伝えます。3か月の猶予を設けて通告するのが普通です。猶予期間を脱したら、新しい管理会社と契約となります。諸々の引継ぎ作業は管理会社同士で行われますので、住人は特段意識しなくても構いません。これで一連の作業は完了です。新たなマンション管理会社のもとでの生活が始まります。

積み木の模型

賃貸経営を行うにあたって

賃貸経営では、空室や家賃の滞納は収入に直結します。ですので、賃貸管理会社を選ぶときに重視したいことは、入居者を募集する能力と家賃滞納時の処理能力です。さらに、依頼する物件と同レベルの賃貸物件を管理したことがあるかというところも重視したい点です。

男女

賃貸を経営する

賃貸経営をする際、滞納と空室のリスクが心配です。その対策として「家賃保証会社」があります。家賃保証会社を利用すると、入居さの対応をしてくれ、入居者が滞納した時は、家賃を代わりに支払ってもくれるので安心です。

レディ

便利な賃貸サービスです

リロケーションとは一時的に自宅を貸し出すサービスです。このリロケーションサービスを利用すれば、ファミリー層でも住み心地の良いマンション物件を簡単に探すことができます。ただリロケーションサービスはあくまで一時的な賃貸サービスなので、契約更新ができないこともあります。